コンサルティング サービス

植物工場ビジネスのコンサルティングについて

コンサルティングについて
弊社は水耕栽培システムを使用した植物工場全般(施行、栽培、出荷、経営まで)をサポートいたします。主に植物工場ビジネスに新規参入される企業様・個人様向けにコンサルティングを行っています。その他、既に植物工場を運営されている企業様・個人様に対しても、栽培の相談や経営改善の相談も受け付けております。
 
 
弊社のコンサルティングの特徴
近年、多くの企業が植物工場ビジネスに参入していますが、黒字になっている企業は一割程度と言われています。どうしてでしょうか?それは植物工場を運営するには農業のみならず、商業、工業の要素が必要になり、どれが欠けてもビジネスとして成立することが難しくなるからです。

 

植物工場は典型的な6次産業のモデルと言われています。6次産業とは、1次産業である農林水産業が農林水産物の生産だけにとどまらず、2次産業の工業、3次産業の商業にまで踏み込み、新たな産業(1次産業×2次産業×3次産業)を形成しようとする取り組みのことです。

しかし、植物工場ビジネスを始める多くの企業は、工業や商業から参入しています。このため、農業の知識が不足している場合が多く、生産した農作物をどこへどのように販売するかを考慮していないケースが多く見受けられます。経営がうまくいかない植物工場の多くが、どこかの分野、もしくはそれらにまたがる分野が弱いのです。
 
 
 
 

そこで弊社では農業に基盤を置き、工業や商業それらをまたがる分野も含めて幅広くご提案いたします。弊社の強みは、大学など各種機関と連携して得た成功・失敗事例の分析をもとに蓄積したノウハウです。このノウハウを活かし、お客様の状況に合わせて、植物工場の基礎講習から、各種関連機関や大学との仲介、植物工場の立ち上げ等、お客様個々に合わせた最善策を考えます。

お客様の得意な分野を活かし、不足している分野を弊社が補完することで、6次産業としての植物工場ビジネスを黒字化することを共に目指します。

 
 

植物工場ビジネス参入の流れ

弊社が推奨する植物工場ビジネス参入の流れは、下記の通りです。
 
 
 植物工場事業化ステップ

 
 
【導入コンサルティングサービス】
 
・ヒアリング
 お客様の事業目的、想定している植物工場の規模、お客様自身の強みなどを伺い、今後どのようにコンサルティングを進めていくかを決定いたします。相談できるほど問題が整理されていないお客様も、この時点でお話を伺い問題分析をします。
 
・マーケティング
 栽培・販売を行う地域の特色を調査分析し、栽培する作物を提案します。同時に作物の価格設定や販売方法等を相談しつつ、販路を探します。他社とは差別化を計り、お客様の強みを活かした作物を決定します。
 
・試験用水耕栽培器導入
 水耕栽培の仕組みを理解していただくため、弊社の水耕栽培器を御導入いだたき、ビデオなどで栽培の基礎講習を行います。栽培の基礎を学んだ上で、栽培の手順や操作を実習いたします。
 
 
【事業化コンサルティングサービス】
 
・中規模工場建設
 試験栽培と栽培作物、おおよその販路が確定した時点で初めて事業計画を立案します。販売する作物にあった機器・規模の工場を安価に構築するサポートをいたします。また、栽培オペレーションと出荷オペレーションを習得・確認し、品質確保の仕組みを構築します。生産・販売開始後は品質を安定させ、さらに向上させる策を講じ、コスト低減に努めます。さらに、販売を通じて得たマーケットニーズを再度分析し、試験栽培を並行して行い、次のステップへ備えます。
 
・大規模工場建設
 更なる利益創出のために、多品目化を図り、工場の多拠点化、大規模化を進めます。また、海外へシステム技術の販売をご希望される方には海外企業をご紹介いたします。
 

上記に限らず、お客様のご意見ご要望に合わせたコンサルティングサービスを提案いたします。
 

その他

このようなことで悩まれていませんか。まずはお気軽にご相談ください。

・植物工場を始めるにあたって、必要なものがわからない。
・植物工場の知識全般
・相談できるほど問題が整理されていない
・問題は分かっているが、できない …等
 

問い合わせ

疑問、質問等はお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせフォーム
 
 

Copyright(c) アーバンファームファクトリー株式会社 All Rights Reserved.