都市型農業

国連によると2050年までに世界人口が90億人にも膨れ上がり、その70%以上が都市部に集中すると予測されています(UN Population Division)。さらなる都市部の経済発展によって、環境汚染やCO2の排出増大、都市環境の悪化・自給率の低下、といった問題が各地で発生することは間違いないでしょう。

こうした都市環境問題への解決アプローチとして、弊社では環境保全・自給率向上・コミュニティ維持をメインテーマに設定し、都会の限られたスペースでも、効率のよい生産方法とサステナブルな栽培方法を実現しながら、機能性とデザイン性を兼ね備えた新しいコンセプトの農業(Agriculture 2.0)を提案しております。
 


例えば、スペースや場所が限られ、肥沃な土壌環境のない都市部では、多段式の水耕栽培が有効なツールとなります。水耕栽培では完全循環式を採用しており、土壌栽培と比較すると水の使用量は10分の1で済みます。室内や閉鎖空間での栽培では、年中・安定的に新鮮な無農薬野菜を都市部住民に供給することが可能となります

もちろん、私共は人工光を利用した室内栽培だけでなく、太陽光を利用した土壌栽培も有効的な栽培方法だと考えております。ただし、ちょっとした工夫やアイデアを融合させることで、より生産性が高まり、環境保全や地域経済の活性化につながり、さらには社会や家族の結びつき・コミュニケーションの場として、都市型農業(アーバンファーム)を機能させていきたい、と考えております。
 
都市型農業(アーバンファーム)は都市部における食料自給以外にも、様々なメリットがあります。例えば、屋上で水耕ハーブ栽培を行うことで、太陽からの断熱効果や都会の騒音防止効果にもなり、建物内のCO2排出を飛躍的に削減できます。水耕・土耕に限らず、レストランの屋上で農業にチャレンジすることで、「地産地消(店産店消)レストラン」として、他社とは異なるコンセプト・事業モデルを実践することもできるでしょう。

また、都会のデザインに調和した形で緑を増やすことは都市住民への心理的効果も期待できます。オフィスに植物が設置してあるだけで、労働者の生産性が1〜1.5%も上昇した(Kats, 2003)という実験データもあります。
 
 
このように都市型農業(アーバンファーム)には様々なメリット・社会的意義が存在しており、私共は都市部の緑化を進めるだけでなく、都市自給率向上や環境保全(CO2削減、生物多様性維持など)、都市部住民の健康や教育、コミュニティなど社会インフラ全体にも貢献できるビジネスを提案しております。
 
 
◆商業施設(カフェ・レストランなど)の屋外や窓側に多段式・水耕栽培の壁を設置


◆リサイクルペットボトルを利用した簡易型・水耕装置の設置事例(左)/大規模工事を必要としない、既存の小型水耕際システムの設置事例<屋上ハーブ菜園>(右)
 

Copyright(c) アーバンファームファクトリー株式会社 All Rights Reserved.